シリコンウエハーの世界市場について解説!

シリコンウエハーの世界市場シェアは日本の企業も多い

シリコンウエハーの世界市場シェアは日本の企業も多い シリコンウエハーは、電子機器に用いられています。
世界シェアの上位2社は日本の企業であるため、日本が強みを持っている市場でもあります。
2社で55パーセント程のシェアがあり、上位5社で90パーセント以上のシェアになります。
近年では、台湾メーカーが買収を進め急激にシェアを伸ばしている分野です。
需要もどんどん増えていて、現在ではシリコンウエハーは不足気味になってきており、将来的には生産が追いつかない状況になっています。
これは、スマートフォンやパソコンの需要が世界的に急増していることがあ原因です。
日本の企業のシェアが高いと言っても、このような状況であれば将来的には変化が起こる可能性もあります。
シリコンウエハーは精密な加工が求められるもので、日本の技術力の高さがこれを支えています。
簡単に下位メーカーが追いつくことはできないので、しばらくは日本の強さが目立つでしょう。
その分日本メーカーには供給の責任もあるので、供給を満たせなければ批判される可能性もあります。

シリコンウエハーの市場規模は年々増えている

シリコンウエハーの市場規模は年々増えている シリコンウエハーの市場規模が年々と増加する理由ですが、半導体の性能向上の一役を駆っているのがこのシリコンウエハーになるため、投資家の方はこの製品を生み出すこと自体が各国と性能差を分ける要因になると思い、市場の規模が拡大しているのです。
例えば、旧来の半導体と最新技術であるシリコンを用いた半導体を比べた場合、旧来の半導体は性能差がだんだんと大きくなり製造者は旧式の売れない製品を扱うことになります。
ですが、最新のものを次々と製造することができれば、投資家の方も率先して投資を行い、製造するだけの力を持つ工場に投資を行いますので向上及び工作機械を製造している国はシリコンウエハーを作ることだけで潤うのです。
無論、これらは技術が一定以上の水準にある場合で、かつ工作機械があることを前提としていて工作機が無い国や半導体を生み出す能力自体が低い国は、シリコンウエハーを使用した新しい産業に手を付けることができませんので技術力がある国が市場規模を拡大させるということになります。

新着情報

◎2023/12/1

情報を追加しました。


>シリコンウェハーの歴史を知りたいならどうするか
>シリコンウェハーの高いシェアを誇る日本企業
>シリコンウェハーの製造工程とは重要なステップ
>シリコンウェハーの原材料はどの様なものか
>シリコンウェハーは家電製品で使われています

◎2023/2/2

情報を追加しました。


>投資家も注目しているシリコンウェハーについて
>中小の町工場が大活躍!シリコンウェハーは簡単に作れるもの
>シリコンウェハーと宇宙開発の関係性について
>シリコンウェハーは設計は国内でも生産は中国頼りの品
>職人技が求められるシリコンウェハーの製造工程

◎2022/4/15

情報を追加しました。


>シリコンウエハーの品質と電子部品への影響
>シリコンウエハーは半導体を作り出すベース
>シリコンウエハーはインゴットから切り出されて作られる
>テレワーク増加とシリコンウエハーの需要増の関係
>半導体の基板シリコンウエハーの高品質なものとは

◎2021/11/1

シリコンウエハー市場の上位5社のページを追加しました

◎2021/7/30

サイト公開しました

2人その通り。 日本の主な競争相手は欧米です。 半導体も仰る通り、シリコンウエハーからグラフェンに移行の話が出てますね。 シリコンウエハーは信越化学工業とSUMCOで日本の強い分野ですが。 本当に頑張ってほしいですね!

返信先:信越化学工業のシリコンウエハーや村田製作所のMLCC(積層セラミックコンデンサ)に代表されるように、日本の半導体関連の部材・部品は世界的なシェアを維持している。その最大の理由は、分解しようと解体しようと簡単に真似できない技術を保持しているからで、こうした技術こそ日本産業界の宝です

-->